日本人発音講師による中国語発音矯正専門教室

 

 

りんず中国語ラボのレッスンは「中上級者のための日本人講師による中国語発音矯正レッスン」です。安定した発音が定着し、身につけた発音が退行しないトレーニング方法をお伝えします。中国語の発音を矯正したい方、キレイな発音に憧れている方はりんず中国語ラボへ。

  1. 音読サークル〈玲瓏りんろん〉のはなし

【開催レポート】2022年9月17日音読お茶会

book

音読サークル〈玲瓏りんろん〉のイベント「音読お茶会」を開催しました。

第47回中国語の音とリズムを楽しむオンライン音読お茶会
[日時]2022年9月17日10:00-11:30(zoom開催)

なんと今回は、主催のわたしとみどりさんが二人とも風邪でノドをやられているというタイミングでの開催となりました。
わたしは昨日までフラフラしていたのですが、どうにか体調回復が間に合いました。
多少フラっとしても、集ってくださる皆さんの笑顔のおかげで元気になることができます。

【自己紹介コーナー】

何度もご参加くださっている常連さんでも、えっそんなご趣味をお持ちなんですか? えっ、そんな経歴がおありなんですか? と、いろいろな引き出しを見せてくださいます。
人間ってすばらしい。

【音読コーナー】

推薦原稿(1):お星さまはみんな同じ大きさ?
推薦原稿(2):わたしの夢
お持ち込みの原稿:笑い話、詩、風刺文

今回の白眉は、10月のスピーチコンテストを控えた方が、その原稿を暗唱で披露してくださったことかなと思います。
結構長い作品なのですが、さすがに1ヶ月ほど練習に打ち込んでいる方の暗唱はすごいです。

お持ち込みの作品も、くすっと笑えるもの、美しいもの、愉快なもの、とバリエーションに富み、勉強になります。次はわたしもそれに取り組んでみようかな、と思ったり。

【感想】

音読者さんそれぞれのパフォーマンスも拍手拍手でした。
何度も参加される方は、回を重ねるごとに上達して行かれます。

お手本音声があればそれをよく聞くこと、録音して自分の発音をよく聞くこと、そういう練習を重ねている方は、確かにその努力が実っているんだなあっていうことを感じさせてくれました。

今回わたしは声量も出ないし声調の高低の表現も十分にできないコンディションだったのですが、それはそれで、そんな時にはこっちに意識を向ければいいんだな、なんて、新しい発見もありました。

ほんとに、心から思います。
初心者さんもぜひ参加してくださったらいいと思うんですよ。
出れば出るほどご自分のレベルが上がっていくはずなのは、これまでの参加者さんが証明してくれています。
「上手くなってから」ではなくて、「これから上手くなっていく今の自分」から始めたらいいんです。
あったかい場で場数を踏める、感じのいいサークルでお待ちしております!

【次回のお茶会は……】

次は、10月17日(月)にお茶会を開きます!

関連記事

講師ボイスサンプル

発音学習必読記事

  1. 発音練習と子供の手習いに共通するトレーニング戦略とは
  2. なぜ発音が大事なのか〈これから中国語を始めるあなたに伝えたいこと その…
  3. あなたが目指す中国語はどれ?動画リストで音読の流儀を聞き分けてみよう
  4. 中国語ネイティブに近づける発声法と「よそいきモード」「リラックスモード…

人気の中国語学習記事

  1. 中国語の“xi”と同じなのは「サ行」ではなく「シャ行」の「シ」
  2. それでも挑戦したい上級者に贈る「無気音を濁音にしない方法」
  3. 〔動画付き〕結構あなどれない発音 “ i ” と “ ü ”の共通点と…
  4. なんでこう聞こえた? ディクテーションで弱点強化(1)

Twitter