日本人発音講師による中国語発音矯正専門教室

 

 

りんず中国語ラボのレッスンは「中上級者のための日本人講師による中国語発音矯正レッスン」です。安定した発音が定着し、身につけた発音が退行しないトレーニング方法をお伝えします。中国語の発音を矯正したい方、キレイな発音に憧れている方はりんず中国語ラボへ。

  1. 中国語の発音のはなし

子音の音を決める3要素とは?

中国語の発音と発音矯正

中国語の発音って、日本語に比べるととても「シャキシャキッ」としているイメージがありませんか?
音の単位の1音節が、日本語では例えば「か」で終わりなのに、中国語では「かー」と長く伸びます。
そして、その伸びる音のかたまりに芯が通り、輪郭が際立って聞こえます。

その理由の一つに、中国語では子音の発音に時間をかける、ということがあります。
どんなにぺらぺらとハイスピードで話して、1音節がとても短くなっていたとしても、その音節の全体の長さに占める子音の長さの割合は変わりません。
どうかすると母音の方が短くなって、相対的に子音の占める割合が上がるかもしれません。

そんなわけで、子音は中国語の発音の全体的な印象、耳ざわりのようなところを演出していると言えるかもしれません。
母音は、どちらかというと意味の表現を担う役割が大きいのですが、子音は多少のずれがあっても意味は推測してもらいやすい面があります。その代わり、柔らかい感じなのか、硬い感じなのか、そういった質感の部分を担っているところがあります。

さて、そんな子音、発音するための動作はほとんどが口の中で行われているので見えません。
規範的な発音をするには、「やり方」を学ぶのが近道です。
(音を聞いて真似するだけでは、なかなかストライクゾーンに近づけません)
今回は、子音の音の違いはどうやって生まれるのか、お話ししましょう。

子音の音の違いを生むのは次の3つの要素です。

    • 発音に使う部位(調音部位)
    • 密着・接近した部位を離す方法(調音方法)
    • 母音とのつながり方(気流の音、声帯の音)

中国語に限らず、日本語を含めすべての言語において、この3つの要素の組み合わせで子音の音ができあがっています。

子音の発音は、発音器官のどこか2箇所、だいたい上のパーツと下のパーツを接近(または密着)させ、それを離す、という動作でおこないます。

その上のパーツと下のパーツがどこで接近(または密着)するか、というのが調音部位です。
舌先を使う調音部位が「前、少し後ろ、後ろ」と3種類あり、舌のもう少し中ほどの腹の部分を使う調音部位が「前、後ろ」と2種類あり、舌は使わず上下の唇を使う調音部位が1種類、前歯と唇を使う調音部位が1種類あります。
そのそれぞれに、「密着させてから離す、接近させるだけ、密着させるんだけれども母音が出る前に空気の音が出る」などの調音方法および母音とのつながり方のバリエーションがあります。

Aという調音部位でBの調音方法をとりCの母音のつなげ方をする、という組み合わせで子音が特定される。
AとBとCのどれか一つでも要素が違えば違う子音が生まれる。
子音というのはそういうものです。

ですから、いくらネイティブの先生の口をじっと見ても、子音の発音のやり方はわかりません。
どの子音はどれとどれの組み合わせ、というのを学びさえすれば、やみくもに練習しなくても、自分のちからでスマートに発音できるようになります。
ネイティブさんの発音を聞いて微調整するのは、その後でも充分だと思いますよ。

調音部位と調音方法がものすごく詳しく書いてあるamazonペーパーバック『りんず式中国語発音矯正』は2022年8月8日に刊行されました。


関連記事

講師ボイスサンプル

発音学習必読記事

  1. あなたが目指す中国語はどれ?動画リストで音読の流儀を聞き分けてみよう
  2. 中国語がかなり上手な人が、より一層「うまいね」と言われる発音のコツ
  3. 発音とプロソディと音楽と
  4. 発音練習と子供の手習いに共通するトレーニング戦略とは

人気の中国語学習記事

  1. それでも挑戦したい上級者に贈る「無気音を濁音にしない方法」
  2. 「zh, ch, sh」が発音できるのに「 r 」だけ苦手な人に知って…
  3. yuan の発音はユアンかユエンか
  4. 〔動画付き〕結構あなどれない発音 “ i ” と “ ü ”の共通点と…

Twitter