りんずラボ~発音指導と翻訳修行と~


コメントする

構音障害の内気女子が中国語キャスターになるまで(2)

どうして誰も発音の直し方を教えてくれないんだろう

イ段がとても言いにくいのは、子音を出す場所が「奥歯と舌」だったからです。

やってみます? 「イキシチニ」の音を、舌先ではなく、奥歯とその近くの舌で出すんです。やりにくいでしょう? 時間がかかるし、泡がはじけるような音が出ます。

子供ごころにも「わたし、なんか横のほうで音を出してる」という自覚はあり、「おかしいなあ」って思っていました。

「イの段が言えない」と両親に言うと、「あら、言えてるわよー」「おかしくないわよー」という反応。学校の先生に言っても、「そうかなあ?」「ちゃんと聞こえるよー」という反応。

発音コンプレックスがあったわりには、小学5年生で果敢にも放送委員会に入りました。
校内放送で原稿を読むようになると、下級生が私をからかってくることがありました。廊下ですれ違いざまに、私の発音を真似してはやしたてるんです。生意気な! でもそれで「聞こえる人にはちゃんと違って聞こえるんだ」と認識しました。
放送委員会の先生にも発音の悩みを話してみますが、「大丈夫よー」というお答え。

6年生では、学芸会のナレーション係に指名されました。男女二人で体育館のステージに立ち、全学年の合唱や合奏をつなぐストーリーを掛け合いで語るのです。大役です。内気女子にとっては重圧です。
このときは目立つセリフに「あっ、虹だ!」というのがあって、「虹」が言えなくて言えなくて学芸会の担当の先生に相談しましたが、とんちんかんにも「2時」のアクセントで読みなさい、というアドバイスを受けました。けなげな私は、迷った末にその指示に従い、また下級生にからかわれる羽目に。

中学2年で生徒会の議長になり、生徒総会を進行したりしますが、発音コンプレックスはそのまま。生徒会の先生に相談してアドバイスがないのもお約束。

誰もこの発音の直し方について答えをくれない。本人としては、自分の苦しみが誰にも分かってもらえないわけで、釈然としない気持ちを抱えていました。

(つづく)

♪♪
悩みが自己否定につながらなかった点では、「おかしくないわよー」「大丈夫よー」という周囲の反応に救われていたのかも知れません。
♪♪
次回予告:中国語と出会って悩み解消?!
♪♪


1件のコメント

構音障害の内気女子が中国語キャスターになるまで(1)

どうして私だけヘンな発音なんだろう

子供時代の私は、読書好きでインドア志向の女の子でした。学校で揶揄されるといえば「まじめ」「天才」とからかわれ、やりたくないのに班長や学級委員に選ばれるタイプ。内気で人見知りだったと自分では思っていますが、親から見れば家では明るくて想像ずきで赤毛のアンみたいな内弁慶だったようです。

私には大きなストレスがありました。それは自分の日本語の発音。
私が苦手な単語は…… 続きを読む


コメントする

“j” の発音は “ji” ではないの?【小桜の知恵袋】

発音指導中に受けた質問から。

ju を発音する際に、唇がいったん i のように横長になってからすぼまってくるので、単母音が二重母音になっていました。そこで
「 u の発音では最初から唇をすぼめてくださいね」
「子音は調音の部位を決めるだけ。母音の口の構えで発音しましょう」
とお伝えしました。

そこで出たのが、「 j の発音は ji ではないのですか?」という質問。どうやら直接話法で習った入門期に受けた説明が不十分だったようです。 続きを読む


コメントする

デスクワーカーの腰痛問題が解決したかも

反り腰でぎっくり腰の常習者の私が、半年にわたってぎっくり腰にならないで済んでいるストレッチをご紹介しましょう。

しばらく前に、バランスボールに座って仕事をする、って書きました。その成果は、じつは検証できず。というのもバランスボールを置いたところ、うちの幼稚園児が遊びたがり(そりゃそうだ)、狭くてモノだらけの我が家では危険だったので使用をあきらめたのです。

でも!この5月から現在まで、ぎっくり腰とは縁を切って過ごすことができました。その秘密は、毎晩就寝前にちょっとする3種類のストレッチ。1ポーズ10秒でお手軽です。 続きを読む


コメントする

あと60日

2017年は残すところちょうど60日なんですって。

実務翻訳中心のキャリアから出版翻訳中心のキャリアに路線変更しよう、と大決心した今年。

上級者向けの発音レッスンを始めて中国語講師として再始動した今年。

やりたいことは色々あって、翻訳者育成団体「而立会」で翻訳者トレーニング教科書の執筆担当になったので、電子書籍の作り方も学びました。而立会では年二回の認定試験開催も無事に済みそうです。 続きを読む


2件のコメント

朝ニガテなわたしが朝活

朝起きてから娘を幼稚園に送り届けるまでが、私の家事のピークタイムです。

日中の仕事時間を確保するために、その時間にやっておきたいことは、トイレそうじ、お風呂の浴槽のそうじ、洗濯機回し、鉢植えの水やり、お化粧。

それを朝食&お弁当準備の前にやってしまえば、後がとてもラクちん。
できないと、後にしわ寄せがいって、仕事時間が減る。 続きを読む


コメントする

あっちで提案こっちで提案:オンライン会議システムzoomを宣伝しまくり

この春、オンラインでミーティングができるzoomっていうシステムを教えてもらいました。
パソコンでもスマホでも、ネット回線さえあれば、かんたんにテレビ会議ができる仕組みで、
画質もいいし音もいいし、パソコンで開いているウインドウを相手に見せることもできるし、
いいことばかり。

6月に始めたオンラインの中国語発音矯正レッスンも、このzoomを使っています。 続きを読む


2件のコメント

翻訳小説はとっつきにくい?

東山彰良さんの『流』に文庫版が出たので、夏の帰省の移動時間に再読しました。

ご存知の通り、台湾生まれ日本育ちの作家による、台湾を舞台にしたエンターテイメント小説で、
2016年本屋大賞ノミネート、2015年の第153回直木賞受賞。
めっぽう面白い作品です。

日本語で書かれているのですが、出てくる人物がほぼ全員台湾人。
舞台もほぼ台北と中国。
人物名には中国語をカナ表記にしたルビが付いていて、まるで翻訳小説みたいです。

続きを読む