りんずラボ~発音指導と翻訳修行と~


コメントする

メルマガはじめました

「どうして発音講師に?」
「30歳で就職するまではなにを?」
と尋ねられると、話が長くなるんです。

でも、わたしの中国語レッスンを受けようかな?と思う方は、井田がどんな人物なのか気になりますよね。

だから、わたしが考える発音矯正のキモと、日本人なのにどういうわけで発音講師を志したのか、っていうことを7通のメールにまとめました。 続きを読む


コメントする

言ったことの全部は伝わらない

グループレッスンであれ、マンツーマンレッスンであれ、対面であれオンラインであれ、講師がレッスンで言ったことの全部は伝わらないんだなー、って思います。
自分が講師のときもそうですが、自分が受講生のときもそうなのでしょう。 続きを読む


4件のコメント

ほかの何が続かなくても:わたしと中国語

趣味といえば、スケートもスキーもカメラもギターも、どれも道を究めるところまでいきません。楽しかったけれど、才能とかやる気とか、なにか欠けているものがあったのでしょう。

でも大学初年次に出会った中国語は習い始めから面白くて、好きだ、と感じていました。 続きを読む


コメントする

中国語の音とリズムを楽しむ オンライン音読お茶会 を開きます

追記2:
2月18日、満員御礼になりました。
追記:

2月13日、音読参加者2名の枠が埋まりました。
これからお申し込みくださる方は「オブザーブ参加者枠」での参加になります。


音声学が好きで、発音学習の指導に力を入れていて、音読好き、っていう共通点を持った中国語講師の熊澤みどりさんとわたしが、二人そろって音読イベントを開くことになりました。 続きを読む


コメントする

翻訳修行、道遠し

セミナーに出たりなにかを受講したりするときは、自分のノートにその日のまとめを書くようにしています。

……のだけれど、門外漢の分野だとさすがにつらい。
さいきん文芸翻訳を勉強しようと越前敏弥先生の講座に出たのだけれど、もうホントに自分が箸にも棒にもかからない感じで勝手にノックアウトされてます。 続きを読む


コメントする

アウトプットの効用

知識をインプットして学んだことをアウトプットする、という行為は確実に役に立ちます。絶大なる効果があります。

私が中国語講師になりたてだったころ、自分の持っているたくさんの学習書を熱心に読み込んでいました。
なるほどなるほど、と読んでいるのですが、話の進め方がそれぞれの本によって違っているので、同じことについて違う説明があったり、説明の力点が違っていたりします。

それで、ある時期じっとしていられなくなって、猛然とノートに書き出し始めました。 続きを読む


コメントする

中国語教員免許を取得するメリットは? せっかく取るなら有効活用

教員免許を取った方がいいような気がするけれど、どんな職場があるのかな? 採用はあるのかな?と迷っている方もいらっしゃいますよね。

今のところ、中国語教員免許を有効に活用できるのは、他科目教員の方か、研究職の方、個人事業主の方、出産育児で退職された方、です。中国語を教えるという夢、中国語を武器にするという夢を着実に実現するために、しっかりと情報収集をしましょう。

概要

    • 中国語で教育実習ができるか
    • 中学・高校に採用枠はあるか
    • 一般企業の就職には有利か
    • 非常勤講師は求人あり
    • 中国語を自分の武器にするには

続きを読む


コメントする

構音障害の内気女子が中国語キャスターになるまで(4)

日本語の自己流発音矯正が20代である程度成功した、私のストーリーの続きです。
今回は37歳からの第二次発音矯正の話です。中国語キャスターになったのは35歳のことなので少し寄り道になりますが、子供時代からの長い旅が、ひとまずの決着をみます。

まだクセがある。もっと極めたい……

自主的な発音矯正がかなり成功した私ですが、まだ、ふとしたときにクセが出ていました。
続きを読む