日本人発音講師による中国語発音矯正専門教室

 

 

中国語の発音を矯正したい、キレイにしたいとお考えでしたらりんず中国語ラボへ。りんず中国語ラボは「中上級者のための日本人講師による中国語発音矯正レッスン」をおこなっています。

  1. 中国語の学習の部屋

今日の語彙:やったりやらなかったり

私は27歳から翻訳の勉強を始めました。
とはいっても、それから十数年、色々な時期がありましたから
ずーっとずーっといつも勉強していたわけではありません。
勉強していた時期もあれば勉強をしていなかった時期もあった。
そんなことを友人に話していたら、考え考え話していたせいでしょうか、
「間断的に勉強してきた」
なんて言ってしまいました。
そんな日本語はない!
本来なら「間断なく~する」っていう使い方ですよねー。
私が言いたかったのは、
「断続的に勉強してきた」
ってこと。
なんでこんな間違った言い方をしてしまったかというと、
中国語の影響ですね。
こんな時、中国語では
“间断地学 (jian4duan4 de xue2)”
と言います。
「途中で切りながら」ってイメージですかね。
日本語の「断続的に」だったら「切れたり続いたり」なので、
「続いてきたこと」にフォーカスしている感じ。
中国語のほうは「切ったこと」にフォーカスしてる感じで、
視点の違いもおもしろいですね。

関連記事

講師ボイスサンプル

発音クリニックりんず中国語ラボのメール講座「発音矯正は大人になってからでも大丈夫」
  1. 産後復帰・フリーランスこそ中国語教員免許を積極活用
  2. 蚊なのか蛾なのか:無気音と濁音のはなし
  3. 通訳者に求められる発音のハードル
  4. ピンインをカタカナで書くとき準拠すべき表記ガイドライン
  5. なんでこう聞こえた? ディクテーションで弱点強化(1)

Twitter