日本人発音講師による中国語発音矯正専門教室

 

 

中国語の発音を矯正したい、キレイにしたいとお考えでしたらりんず中国語ラボへ。りんず中国語ラボは「中上級者のための日本人講師による中国語発音矯正レッスン」をおこなっています。

  1. 中国語の学習のはなし

なんでこう聞こえた? ディクテーションで弱点強化(1)

中国語学習

「知っている単語のはずなのに、ちがう発音に聞こえた!」

そんなこと、ありますよね。
中国語の音声をリスニングしていて、書き取る練習をしていると、そんなことがよくあります。
その書き取り練習のことを「ディクテーション」と言います。

ディクテーションで「違う発音に聞こえた!」という事例を紹介して、その原因をご紹介しますね。
まずは、ディクテーションがどんな目的の訓練に向いたトレーニングなのかをお話ししましょう。

ディクテーションは弱点の洗い出しに最適

ディクテーションは、語学学習でとても役に立つトレーニングです。
どの言語の学習でもリスニングの強化に有効!って、言われています。

方法は簡単。音声を聞いて、聞こえたとおりに書き取ります。
スクリプト(原稿)のある音声で行うのがいちばんです。
途中で止めて繰り返し再生をしたり、何回も聞いたりしてもオッケー。
聞いて、書き取って、ぜんぶ書き取れたら、スクリプトと照らし合わせて答え合わせをします。

ディクテーションでできること

正確に聞き取りができているかチェック
知らない単語をチェック
知っているのに聞き取れない単語をチェック
書けない漢字をチェック
緩急抑揚などプロソディの把握

ディクテーションで気をつけたいこと

「だけ」やらない:
――リスニング強化に有効なのは事実ですが、ディクテーションをやっている「だけ」では進歩はありません。
ディクテーションで洗い出した弱点を克服するためにどうしたらいいか、という次のトレーニングを考えることが大切です。

満足しない:
――ディクテーションはかなり労力を使う学習法なので、やり遂げた時にすごく充実感を味わえます。
目の前に、自分が書き取った中国語という成果物も残るので、「やり遂げた~!」っていう満足感が得られます。
で、上述したような「次を見据えたトレーニング」を考えるのを忘れて、またディクテーションを続けてしまう、っていうワナにはまる恐れがあります。

ディクテーションは弱点の発見のために行う。
発見した弱点はそれぞれ対処法を考える。
それが大事です。

【シリーズ記事】

関連記事

  1. 中国語を自分の武器にするには その1
  2. 通訳者に求められる発音のハードル
  3. 蚊なのか蛾なのか:無気音と濁音のはなし

講師ボイスサンプル

発音クリニックりんず中国語ラボのメール講座「発音矯正は大人になってからでも大丈夫」