中国語の発音をキレイにしたいとお考えでしたらりんず中国語ラボへどうぞ。

りんず中国語ラボは日本人講師による中上級者のための中国語発音矯正レッスンをおこなっています。

中国語の発音はなぜ難しいの?

中国語を学ぶうえで、多くの方が難しいという点はいくつもあります。そもそもなぜ、中国語の発音は私たち日本人にとって難しいのでしょうか。詳しく説明します。

多くの日本人にとって中国語の発音が難しい理由

多くの日本人にとって中国語の発音が難しい理由

舌や唇の使い方が違うから

日本語と中国語を発音する際には、舌や唇の使い方が違います。中国語は口全体を大きく動かし、上唇と下唇、そして表情筋を活用しながら発音するのに対し、日本語はそれほど唇や表情筋を使用せずに発音できるのです。

日本語に慣れ親しんだ日本人にとっては、中国語を聞いて真似るだけでは発音の仕方がわからない音があるのです。

発音の数がとても多いから

日本語の母音は「あ・い・う・え・お」の5個となっており、とてもシンプルです。それに対し中国語の母音は36個あり、そのうえ子音も21個あるのです。中国語を発音する際には、これらを組み合わせて使用しますので、単純に計算すると、400個以上の組み合わせがあることがわかります。

その一つ一つの音を正確に覚え、発音するなんて難しい、難しいと感じる方が多いのです。

日本語にはない四声があるから

四声とは中国語のイントネーション(声調)のことで、同じ発音でも音の高さによって4種類の異なる単語になります。中国語を学ぶうえではとても重要なポイントで、発音時には上手に音の上げ下げを使い分けなければいけないのです。

ピンインを覚えなければならないから

フリガナのような役割を持つのが、ピンインです。中国語を話す場面では特に必要ありませんが、発音を学ぶ際にはとても重要な役割を持っています。なぜなら、単語の発音はピンインを活用して覚えていくからです。

中国語を参考書から学ぶ際はもちろん、辞書で単語を探す際もパソコンに入力する際にも、このピンインを使います。中国語のテキストや文法書に書かれているピンインが読めなければ、学習が全く進みません。ピンインはローマ字を使用した表記体系ですが、英語読みとも日本語ローマ字読みとも異なる発音を表しています。例えば「women」は英語の“women”とはまったく異なる発音ですし、「ziji」は「つーちー」と読みます。

400個以上の発音組合せ、さらに、それぞれに四声があるとなると、1600種類の読み方を覚える必要があるのでしょうか。

こんな悩みのある方はりんず中国語ラボへ

こんな悩みのある方はりんず中国語ラボへ

「中国語はある程度マスターしたが、何となく腑に落ちないときがある」「会話の途中でよく相手に聞き返されてしまう」「中国語の通訳を仕事として目指したい」「今よりも会話力を高めたい」そのような悩みのある方は、りんず中国語ラボをご利用ください。

りんず中国語ラボでは、中国語発音講師があなたの持つ発音のクセをチェックし、改善のためのトレーニング法をお伝えいたします。まずはお気軽にお問い合わせください。

日本と中国語では、発音時の舌や唇の使い方がまったく違います。中国語には母音だけでも数がたくさんあり、そのうえ子音の数、四声・ピンインなど、覚えるべきものがたくさんあるため、完璧にマスターするのが難しいと思われがちです。中国語の発音に特化したスクールをお探しでしたら、りんず中国語ラボをご利用ください。

体系的なレクチャーとシステマティックなトレーニングをご提供します。無意味な暗記や、ひたすら聞いて模倣するだけの練習はさせません。
中国語入門から初級レベルの方は、中国語発音のしくみと体系をしっかりと理解することで、その後のネイティブ講師からの学習や現地生活でのネイティブとの会話が、よりいっそう有意義なものになります。

中国語中級から上級レベルの方には、発音のクセを改善し、迷いをなくし、美しい中国語を目指す、お一人お一人に適したトレーニングメニューを提供しています。

中国語の発音はオンラインで学ぼう!

サイト名 りんず中国語ラボ
事業責任者 井田 綾(IDA Aya)
住所 〒336-0027 埼玉県さいたま市南区沼影1丁目6-19
e-mail office@idaaya.com
web https://idaaya.com
オフィスアワー 10:00-14:00
休業日 土日祝日