中国語の発音をキレイにしたいとお考えでしたらりんず中国語ラボへどうぞ。

りんず中国語ラボは日本人講師による中上級者のための中国語発音矯正レッスンをおこなっています。

  1. 中国語学習の知恵袋

なんでこう聞こえた? ディクテーションで弱点強化(3)

中国語学習

Zさん:先生! 今日ディクテーションしていたら、また聞き間違いがあったんです……。

井田:あら、どんなことでしたか?

Zさん:“比较” Bi3jiao4 が bi と jiao は聞こえたんですが、なんか声調が変だったんです。

井田:ほー。

Zさん:続きが“慢”man4 だったので、この文には“比较慢”しか当てはまらないと思って書き取って、とりあえず正解でしたが……。

井田:推測で当てるのは素晴らしいですね! どれどれ……。ふーむ。わたしはこのテキストCDの音声は「bi2jiao3」に聞こえますねー。うんうん。たまーにネイティブでこういう発音をする人がいます。


なんで bi3jiao4 が bi2jiao3 になっちゃうのか。
おそらく、bi の3声が終わりきる前に気持ちが4声になってしまって、4声のはずの jiao は一番高いところを bi に持っていかれて低いところだけ発音された、っていうような経緯で生まれているのだと思います。

“比较”をこの声調で読むケースは割と多いので、“比较” のバリエーションとしてとらえることもできます。こういう、辞書に載ってない読み方を「俗読み」と呼ぶ人もいます。こういうがあることがあるので、聞き取り対策としては、知識として蓄えていくしかないですね。

「俗読み」の他の例としては、例えば “结束” jiéshù を jiésù と読む人がいたりします。


Zさん:そうなんですね! じゃあ、知らない発音だったら、やっぱり前後の文脈から推理するのも必要ですね。

井田:その通りです♪ 文脈や文法的な構造も理解を助けてくれますね。


ディクテーションでできること:

 ◇ 正確に聞き取りができているかチェック
 ◇ 知らない単語をチェック
 ◇ 知っているのに聞き取れない単語をチェック
 ◇ 書けない漢字をチェック
 ◇ 緩急抑揚などプロソディの把握

ディクテーションで気をつけたいこと:

 ◇「だけ」やらない
 ◇ 満足しない
ディクテーションは弱点の洗い出しに最適のトレーニング。
その効果と注意点については、こちらの記事をご参照ください。

関連記事

発音矯正メール講座

発音クリニックりんず中国語ラボのメール講座「発音矯正は大人になってからでも大丈夫」

【外部リンク】中国語音読サークル〈玲瓏りんろん〉

中国語の音とリズムを楽しむ音読サークル〈玲瓏りんろん〉