1. 日々のつれづれ

洋菓子店「トマトランタン」のしっとりフロランタン

新幹線で東北の実家に帰省するとき、大宮駅の新幹線改札内のおみやげ物売り場で、洋菓子店トマトランタンのフロランタンを買って帰るのが、いつもの習慣になっていました。

最初の出会いは、年の瀬も迫った帰省ラッシュの時期、大学生らしき若い男の子が、最初から目星をつけていたようで、他のお土産菓子には目もくれずに4箱か5箱取り上げ、すたすたと手慣れた様子でレジに持っていくのを目撃した時でした。
あのお菓子は、きっと毎年恒例で、お正月に親戚中で食べるんだな、美味しいんだろうな、と思って、つられて買うことにしました。

見ると、直径7センチくらいの円形のフロランタンが、ナッツ、ドライフルーツ、スライスアーモンドなど数種類、16個か20個ほど入っていました。それが大正解。実家ではその後いつも美味しい美味しいと喜ばれていました。
娘の私が帰ってくるのと、お土産のフロランタンと、どっちが嬉しいのか?というくらいです。
まあ、娘の私のほうも、帰省するたびに食べるフロランタンがとても楽しみでした。

このお菓子は創業五十数年も続いたという洋菓子店「トマトランタン」のものだったのですが、田園調布駅から徒歩5分のお店に、行ってみよう行ってみようと思っているうちに、2014年末に突然閉店してしまいました。
2014年に(株)キヨヒサという製造元が自己破産したというニュースがあったようなので、それと同時に閉店してしまったのかもしれません。
もうネット通販でもギフトお取り寄せでも買うことができません。

このお店のフロランタンは、商品名を「トマトランタン」といいます。
私はスイーツの中では焼き菓子が好きな焼菓子派で、フロランタンも大好きですが、このお店のフロランタンはかなり特徴的でした。

一般的なフロランタンは、サクッ、カリッ、という音が出ますが、これは歯当たりがしっとりしていて、フォークや包丁でも切り分けることができます。
クッキー生地の上に乗っている具も、飴で固めたようなカチッ、カチッ、とした感じではなく、生キャラメルとか濃厚な蜜で包んだというような、しっとり感があります。フロランタンがジューシーだったら普通はおかしいのですが、ジューシーと言ってもいいくらい。

さて、焼菓子好きの私ですが、あのトマトランタンをまた食べたいという願いは、かなわないのでしょうか。どこかに、あんなフロランタンを作って売っているお店はないのでしょうか。
いまのところ、まだ出会えません。
一度、mixiのスイーツ好きの人たちのコミュニティーで質問してみたことがありますが、答えは得られませんでした。
トマトランタンの閉店、さびしい限りです。
一度もお店に行けなかったのも心残りです。

今でもネットで検索すれば通販サイトなどの写真が残っているので、トマトランタンのフロランタンを見ることができます。
また味わいたいなあ。

関連記事