日本人発音講師による中国語発音矯正専門教室

 

 

中国語の発音を矯正したい方、キレイな発音に憧れている方はりんず中国語ラボへ。安定した発音が定着し、身につけた発音が退行しないトレーニング方法をお伝えします。りんず中国語ラボのレッスンは「中上級者のための日本人講師による中国語発音矯正レッスン」です。

  1. diary

アウトプットの効用

知識をインプットして学んだことをアウトプットする、という行為は確実に役に立ちます。絶大なる効果があります。

私が中国語講師になりたてだったころ、自分の持っているたくさんの学習書を熱心に読み込んでいました。
なるほどなるほど、と読んでいるのですが、話の進め方がそれぞれの本によって違っているので、同じことについて違う説明があったり、説明の力点が違っていたりします。

それで、ある時期じっとしていられなくなって、猛然とノートに書き出し始めました。
すると自分がすでに知り得たことの核と、自分の知りたいことの核がはっきりして、しかも図で簡潔に表せたりして、とても分かりやすい。
もちろん私は研究者ではないから、そのまとめ方には不十分な点もあるのでしょう。でも、そうやって一度アウトプットしたものは、確実に自分の身になり、忘れません。
他の人なり受講生さんなりに伝えるときも、核が分かっていればぶれません。
アウトプットってすばらしい!と思いました。

仕事に関係したことだけでなく、講演を聞いたとき、なにかを受講したとき、新聞や本を読んで「これは」と思ったとき、やっぱりアウトプットすると、印象がシャキッとします。その得た知識の。

コツがあると思う。
「自分はまだよく分かっていない」と思っていたとしても、アウトプットする。
そして、先生のことばや本に書いてあることばをそのまま書き写すのではなく、自分のアタマの中をいったん通過させて自分のことばにしたものを書き留める。

リプロダクションですね。

 

関連記事

講師ボイスサンプル

発音学習必読記事

  1. あなたが目指す中国語はどれ?動画リストで音読の流儀を聞き分けてみよう
  2. 中国語がかなり上手な人が、より一層「うまいね」と言われる発音のコツ
  3. 発音に悩む中国語上級者 タイプ別発音矯正のコツ
  4. 発音とプロソディと音楽と

人気の中国語学習記事

  1. 蚊なのか蛾なのか:無気音と濁音のはなし
  2. 〔動画付き〕結構あなどれない発音 “ i ” と “ ü ”の共通点と…
  3. 中国語の“xi”と同じなのは「サ行」ではなく「シャ行」の「シ」
  4. 「zh, ch, sh」が発音できるのに「 r 」だけ苦手な人に知って…

Twitter