日本人発音講師による中国語発音矯正専門教室

 

 

りんず中国語ラボのレッスンは「中上級者のための日本人講師による中国語発音矯正レッスン」です。安定した発音が定着し、身につけた発音が退行しないトレーニング方法をお伝えします。中国語の発音を矯正したい方、キレイな発音に憧れている方はりんず中国語ラボへ。

  1. 中国語の学習のはなし

〇〇修飾語ってなんだ? 文法をサポートアイテムに!

中国語学習

使っているテキストの解説に、しれっと登場する文法用語。
本文を見れば意味はわかったような気がするからー、とスルーしてしまいがちではありませんか?

わたしもそうでした。

でもある時、しっかり調べてみたら「そうか、そういうことだったのか!」って視界がぱぁーっとクリアになりました。

今回は、ごく最初の段階で出てくる文法用語、2種類の修飾語についてまとめます。

目次

  • 修飾関係は4パターン
  • 連体修飾語のはたらきと中国語名
  • 連用修飾語のはたらきと中国語名
  • 「de」が結びつけてくれることも
  • 文法知識の活かし方

修飾関係は4パターン

修飾語とはなんでしょうか?

赤いリンゴ

この場合は、「リンゴ」が中心語で、その特徴を説明している「赤い」が修飾語です。
「赤い」と「リンゴ」は修飾関係にある、と言います。

※「中心語」はここでは「被修飾語」と同じ意味です。

中国語では、修飾語と中心語との関係が次の4パターンあります。

    1. なんのなになに
    2. どんななになに
    3. どのようにどうする
    4. どれくらいどんなだ

1. なんの」「2. どんな」「3. どのように」「4. どれくらい」というのが修飾語です。
中心語の性質や材料を説明したり、様子や程度を補足したりします。

1. なになに」「2. なになに」「3. どうする」「4. どんなだ」というのが中心語です。

連体修飾語のはたらきと中国語名

4パターンのうち、次の2パターンの場合、修飾語は「連体修飾語」といいます。
「体言」に「連なる」修飾語、という意味です。

では「体言」とはなんぞや。

    • なんのなになに
    • どんななになに

この修飾関係のうち、「なになに」の分類が、体言なんです。まあ大体が名詞です。
そして、「なんの」「どんな」が連体修飾語です。

でもって、「連体修飾語」は中国語で「定语 dìngyǔ」と言います。

実際のフレーズでいうと、こんな感じ。

    • 木头椅子 mùtou yǐzi(木製の椅子)
    • 红色苹果 hóngsè píngguǒ(赤いリンゴ)

「椅子」や「リンゴ」が中心語。それを説明している「木製の」「赤い」が連体修飾語=定语です。

連用修飾語のはたらきと中国語名

修飾関係が次の2パターンの場合、修飾語は「連用修飾語」といいます。
「用言」に「連なる」修飾語、という意味です。

では「用言」とはなんぞや。

    • どのようにどうする
    • どれくらいどんなだ

この修飾関係のうち、「どうする」「どんなだ」の分類が、用言です。動詞か形容詞が用言だと思っていたらOKです。
そして、「どのように」「どれくらい」が連用修飾語です。

でもって、「連用修飾語」は中国語で「状语 zhuàngyǔ」と言います。

実際のフレーズでいうと、こんな感じ。

    • 快乐跳舞 kuàilè tiàowǔ(楽しく踊る)
    • 特别认真 tèbié rènzhēn(とても真剣だ)

「踊る」や「真剣だ」が中心語。それを説明している「楽しく」「とても」が連用修飾語=状语です。

「de」が結びつけてくれることも

    • 木头椅子
    • 红色苹果
  •  
    • 快乐跳舞
    • 特别认真

先ほどまで出した例は、どれも修飾語や中心語が直接に隣り合って並んでいました。
この修飾語と中心語の間に、記号のような役割をする「de」という軽声の音が入ることがあります。

【連体修飾の場合】

「木製の椅子」「赤いリンゴ」など「なんのなになに」タイプと「どんななになに」タイプの場合、修飾語と中心語の間に「的 de」が入ることができます。

    • 木头椅子
    • 红色苹果

※ de が入らないと決まっている組み合わせもあります。詳しい文法書をご参照ください。

【連用修飾の場合】

「楽しく踊る」など「どのようにどうする」タイプの場合、修飾語と中心語の間に「地 de」が入ることができます。

    • 快乐跳舞

※ 「どれくらいどんなだ」タイプは、「的 de」が使われることが多いようです

 

文法知識の活かし方

ここで紹介したような文法事項を知っていると、どんないいことがあるのか?

それはですね。
大きく言えば「見分けがつくこと」「組み立てが楽になること」ですね。

【見分けがつく】

中国語を見たり聞いたりした時、2つ並んでいる単語があって、意味を知りたい時。修飾関係4パターンの組み合わせに合っていれば、たとえ知らない単語があっても意味が推測できます。

もし「的 de」か「地 de」が入っていれば、連体修飾関係か連用修飾関係かがひと目で分かります。

【組み立てが楽になる】

中国語には、修飾関係のパターンが4つある、ということを知っていれば、作文をする時、話をする時、文の組み立てが楽になります。

    1. なんのなになに
    2. どんななになに
    3. どのようにどうする
    4. どれくらいどんなだ

この順に中国語の単語をならべることで、説明したり補足したりする関係はかなり表現することができます。
これで表現できない関係は、別に補語を使ったりします。

その見極めがつくのも、文法用語やその働きを覚えていればこそです。
一瞬だけ気合を入れて、自分の知識として覚えてしまいましょう。
きっと、ずっと役立つサポートアイテムになります。


これからも、読み取る・聞き取る、書く・話す、に役立つ文法用語、シンプルに解説していきますね。

関連記事

講師ボイスサンプル

発音学習必読記事

  1. 中国語ネイティブに近づける発声法と「よそいきモード」「リラックスモード…
  2. 発音とプロソディと音楽と
  3. あなたが目指す中国語はどれ?動画リストで音読の流儀を聞き分けてみよう
  4. 耳福! 中国語ナレーターのサンプル音声が聞けるサイト10選

人気の中国語学習記事

  1. 中国語の勉強に音読をおすすめする理由 その1
  2. それでも挑戦したい上級者に贈る「無気音を濁音にしない方法」
  3. 〔動画付き〕結構あなどれない発音 “ i ” と “ ü ”の共通点と…
  4. 発音している口の中が分かる本! 『りんず式中国語発音矯正』とは

Twitter