日本人発音講師による中国語発音矯正専門教室

 

 

中国語の発音を矯正したい方、キレイな発音に憧れている方はりんず中国語ラボへ。安定した発音が定着し、身につけた発音が退行しないトレーニング方法をお伝えします。りんず中国語ラボのレッスンは「中上級者のための日本人講師による中国語発音矯正レッスン」です。

  1. life-story

構音障害の内気女子が中国語キャスターになるまで(1)

発音矯正専門日本人講師井田綾のブログ

どうして私だけヘンな発音なんだろう

子供時代の私は、読書好きでインドア志向の女の子でした。学校で揶揄されるといえば「まじめ」「天才」とからかわれ、やりたくないのに班長や学級委員に選ばれるタイプ。内気で人見知りだったと自分では思っていますが、親から見れば家では明るくて想像ずきで赤毛のアンみたいな内弁慶だったようです。

私には大きなストレスがありました。それは自分の日本語の発音。
私が苦手な単語は……
「おにぎり」「ヒジキ」「切り干し大根」
「右利き」「きちんと」「生き字引」
「掃除機」「ぎりぎり」「日記」「キリン」
「いきなり」「踏み切り」「地引き網」
「不思議」「ちりとり」「木々」「チキン」
「近道」「イギリス」「切り替わる」
「地理」「虹」「地磁気」「1時」「2時」
「3×7=21(さんしちにじゅういち)」
「7×4=28(しちしにじゅうはち)」……
お気づきと思いますが、「イの段」が苦手。九九の7の段は全部きらい。「アリとキリギリス」なんて、題名がうまく言えないからだいっきらい。

この単語リスト、声に出して読んでみたら、どうですか?イの段の音が続いたりして、読みにくいですよね。
でも私にとっては「ちょっと読みにくい」どころではありませんでした。発音するのに、口を大きく動かさないといけないし、だから一つの音を出すのに時間がかかるし、出てくる音がなんか周りのみんなと違う。

家の人も学校の友達も、先生もよその人も、私みたいに苦労しないで、さらっとした音ですんなり話してる。
なんで?どうして私だけヘンな発音なの?
ずーっと、ずーっと、そう思ってました。

(つづく)

構音障害の内気女子が中国語キャスターになるまで(1)
構音障害の内気女子が中国語キャスターになるまで(2)
構音障害の内気女子が中国語キャスターになるまで(3)
構音障害の内気女子が中国語キャスターになるまで(4)
構音障害の内気女子が中国語キャスターになるまで(5)

関連記事

講師ボイスサンプル

発音学習必読記事

  1. 発音に悩む中国語上級者 タイプ別発音矯正のコツ
  2. 発音とプロソディと音楽と
  3. あなたが目指す中国語はどれ?動画リストで音読の流儀を聞き分けてみよう
  4. その発音は悪いのではなくて間違っているだけなのです

人気の中国語学習記事

  1. 蚊なのか蛾なのか:無気音と濁音のはなし
  2. なんでこう聞こえた? ディクテーションで弱点強化(1)
  3. 「zh, ch, sh」が発音できるのに「 r 」だけ苦手な人に知って…
  4. 中国語の“xi”と同じなのは「サ行」ではなく「シャ行」の「シ」

Twitter