日本人発音講師による中国語発音矯正専門教室

 

 

中国語の発音を矯正したい方、キレイな発音に憧れている方はりんず中国語ラボへ。安定した発音が定着し、身につけた発音が退行しないトレーニング方法をお伝えします。りんず中国語ラボのレッスンは「中上級者のための日本人講師による中国語発音矯正レッスン」です。

  1. 言語と翻訳のたのしみ

西洋の人名の調べ方

漢字ばかりの文章に外国の地名や外国人の名前が出てくると、これはダレだろう、と調べなければなりませんね。

今日わたしが出くわしたのは、『多桑蒙古史』という書名。
「多桑」という字をぱっと見ると、台湾に日本語が入った「父さん」かしら、と思ってしまいましたが、まるきり話題が違うので却下。
モンゴル民族に関する用語で「多桑」は見たことがないので、おそらく学者の人名だろうとアタリをつけます。

1.中国語検索エンジン

まず中国語の検索エンジンで『多桑蒙古史』を検索します。すると、いくつも解説があるので、適当に「百度百科」を読みます。
あら残念、「著名な国際学者多桑」と書いてあって、原綴が書いてありません。まあ、人名だということが分かったのでOK。
幸い、生没年とスウェーデンという国名が書いてあったので、メモ。

2.日本語検索エンジン

「1.」の段階で原綴が分かれば、原綴で英文資料を探しますが、分からなかったので日本語で検索。
ここで上手なキーワードを入れれば、求める結果にどんどん近づいていけます。
「スウェーデン 学者 モンゴル 1780-1855」で検索。
あら、どんぴしゃの情報がある。
「ブリタニカ国際大百科事典」に項目の立っている人でした。
ドーソンさん。
これまで知らなくて失礼しました。
さて、これでまたひとつ物知りになりました。

今日のは簡単な例でした。また難物に出会ったら、調査結果を報告します!

関連記事

講師ボイスサンプル

発音学習必読記事

  1. あなたが目指す中国語はどれ?動画リストで音読の流儀を聞き分けてみよう
  2. 日本人は英語の発音も下手、中国語の発音ができないのも当然、という誤解
  3. その発音は悪いのではなくて間違っているだけなのです
  4. 中国語の発音チェックを受けるメリットとは|発音診断の必要性

人気の中国語学習記事

  1. 中国語の“xi”と同じなのは「サ行」ではなく「シャ行」の「シ」
  2. 〔動画付き〕結構あなどれない発音 “ i ” と “ ü ”の共通点と…
  3. 「zh, ch, sh」が発音できるのに「 r 」だけ苦手な人に知って…
  4. 蚊なのか蛾なのか:無気音と濁音のはなし

Twitter