日本人発音講師による中国語発音矯正専門教室

 

 

中国語の発音を矯正したい、キレイにしたいとお考えでしたらりんず中国語ラボへ。りんず中国語ラボは「中上級者のための日本人講師による中国語発音矯正レッスン」をおこなっています。

  1. 中国語の学習のはなし

今日の語彙:またお会いしましょうね~

「后会有期 hou4 hui4 you3 qi1」 = またお会いしましょう

最初わたしはこの言葉を、手紙の書き方の本で読みましたので、堅苦しい書面語なのかな、と思っていました。
字を見ると、「いつか、機会があるでしょう」という意味です。
でも辞書には「またお会いしましょう」と書いてある。
相手に語りかける様子が、文字からはうかがえないんだけどなあ…、とちょっと疑問に思っていました。
きっと「またお会いしましょう」という日本語が出てくる場面に使われる言葉だから、辞書にもそういう日本語訳を載せたのかな、とムリに理解していました。
ところがこれ、会社にいらしたお客さんとお別れするときに、言葉に出して言ってみたんです。
そしたら

「好的! Hao3 de !」

ってお返事がかえってきたんです。「ハオダーー」ってやわらかく語尾をのばすような感じで。
女性のお客様だったからますますやわらかくて。
その場で「后会有期!」ってご挨拶したのは、まったく間違っていなくて、ちょうどよかったらしいのですが、そのお返事が「好的!」なんですね~~。
こういうお返事がかえってくるということは、これ、聞いた人の耳には、たしかに「またお会いしましょうね~~」っていう語りかけの言葉に聞こえてたということなんですよ。
しかも、しかつめらしい挨拶ではなくて、気持ちのこもった語りかけになる。
へええ、辞書はやっぱり正しかった!
漢字を見ただけではこの語感は分かりませんでした、ワタクシ。
やっぱり実際に使ってみると、言葉の持つ雰囲気がよく分かるものですね!

関連記事

  1. 産後復帰・フリーランスこそ中国語教員免許を積極活用
  2. なぜゼロから始める中国語レッスンでは大きな声を出すのか?(その1)
  3. 通訳者に求められる発音のハードル

講師ボイスサンプル

発音クリニックりんず中国語ラボのメール講座「発音矯正は大人になってからでも大丈夫」