日本人発音講師による中国語発音矯正専門教室

 

 

りんず中国語ラボのレッスンは「中上級者のための日本人講師による中国語発音矯正レッスン」です。安定した発音が定着し、身につけた発音が退行しないトレーニング方法をお伝えします。中国語の発音を矯正したい方、キレイな発音に憧れている方はりんず中国語ラボへ。

  1. 中国語の学習のはなし

ピンインを書くことの意義

中国語学習

今回は、ピンインを書くということの意義についてお話ししようと思います。
というのは、ピンインを書くことができる、というスキルは、中国語の力を伸ばすために必須のスキルだからです。
カンのいいかたはもうお分かりかもしれませんが、ピンインが書けるということが、語学力の向上にどうつながっているのか、整理してみたいと思います。

結論から言うと、ピンインを書くことができるようになると、「単語を覚えられる」「聞き取りができる」というメリットがあります。

単語を記憶すること、音声を聞いて理解すること、どちらも、語学力の向上には必須の能力ですよね。
それがなぜなのか、ということを考えてみましょう。
まず、「ピンインがわかれば発音できる」ということがあります。ピンインの知識があれば、ピンインを見て発音することができますよね。
そして、人間は、自分が発音できる音は、他の人が発音していても、同じ音だ、と認識できるのです。つまり、「発音できる音は聞こえる」というわけです。
発音できる音は聞こえる、ということは、逆にいうと、「聞いた音のピンインがわかる」ということでもあります。
そうなれば、大きなメリットがあります。それが、「単語を覚えられる」ということです。
ピンインを書けると単語を覚えられるというのは、「聞いた音のピンインがわかる」ようになるからです。
ピンインが書ける人は、もしも知らない単語を耳にしたとしても、その音をピンインの体系の中で聞き取り、自分の口で発音して再現することができます。その音をピンインでうつしとり、文字として記録することができます。だから辞書を調べて新しい単語を身につけるということもできます。

逆に、ピンインが書けない人は、知らない単語を耳にした時に、それがどんな音の組み合わせで出来ている単語なのか、分析することができず、再現することもできない、ということになってしまいます。
つまり、ピンインを書けると聞き取りができる、というのも、「発音できる音は聞こえる」からですし、ピンインがわかることでたくさんの単語を覚えるポテンシャルを持っていますから、結果として知っている単語の数が増えて、その語彙力によってますます聞き取りが楽になっていくというわけです。
 

ですから、「ピンインがわかれば発音できる」というステージに立つために、まずはできるだけ早い時期に、ピンインを書けるようになりましょう。
中国語を始めたばかりのかたは、「覚えるのがたいへん!」と感じてしまうとは思いますが、

ピンインがわかることで、聞いた音声を記憶することができますし、今から話そうとする中国語の発音の細部に気を配ってコントロールすることができます。
それが、よい発音、きれいで聞き取りやすい発音につながりますし、中国語の学習効率、勉強の効率アップにもつながるわけです。


 

関連記事

講師ボイスサンプル

発音学習必読記事

  1. どれくらいの期間で発音が安定するか。そのために何をするべきか。
  2. その発音は悪いのではなくて間違っているだけなのです
  3. 耳福! 中国語ナレーターのサンプル音声が聞けるサイト10選
  4. あなたが目指す中国語はどれ?動画リストで音読の流儀を聞き分けてみよう

人気の中国語学習記事

  1. 「zh, ch, sh」が発音できるのに「 r 」だけ苦手な人に知って…
  2. 中国語の“xi”と同じなのは「サ行」ではなく「シャ行」の「シ」
  3. 蚊なのか蛾なのか:無気音と濁音のはなし
  4. yuan の発音はユアンかユエンか

Twitter