日本人発音講師による中国語発音矯正専門教室

 

 

りんず中国語ラボのレッスンは「中上級者のための日本人講師による中国語発音矯正レッスン」です。安定した発音が定着し、身につけた発音が退行しないトレーニング方法をお伝えします。中国語の発音を矯正したい方、キレイな発音に憧れている方はりんず中国語ラボへ。

  1. 中国語の発音のはなし

【りんず知恵袋】「en」と日本語の「えん」はどう違うんですか?

中国語の発音と発音矯正

「【りんず知恵袋】ピンインのeの音がいろいろあって混乱するんですが?」の記事で「hen のときは e の音は日本語の エ に近い」と書いています。


そのことについて質問が出ていますので、お答えしますね。

Q.

很好 の 很 hen ですが、どうしても日本語の”え”に近づいてしまいます。
よく使う単語ではありますが、今更ながらどう発音するかで、迷ってます。

 

A.
「en」は、かなり口先の方で発音する母音ですので、
単母音の「 e 」とくらべたら、日本語の「え」のほうが音は近いです。

違う点はこちらです。

「えん」は「舌と硬口蓋」が向かい合っている状態で発音しますが、
「en」は「舌と前歯の裏」が向かい合っている状態で発音します。

「え」のとき舌先は浮いていますが、
「en」のとき舌先は下の前歯の裏にぴったりくっついています

「えん」は唇をやや横にひいて発音しますが、
「en」の唇の幅はまったく横にひかず、真顔のときの唇の幅のままで発音します。

Q.

喉から h を出しつつ en を発音する、が正しい、でしょうか?

A.

ほぼ合ってますが、h の音を出し「ながら」では母音は出せません。
子音 h の摩擦音を出した「あとに」母音 en を発音する、のが大前提です。

日本語の「へ」も調音点は「 h 」よりだいぶ前ですが、子音を発音しているあいだは母音が出せないのは同じです。
ゆっくり「へえ〜」と発音してみて、「え」の音がいつから始まっているか観察してみてください。

で、中国語の hen は、

1)母音「en」を発音する構えをとります。そして、次の2)の動作の準備をするのでやや形が崩れます

2)子音 h は調音点が「軟口蓋と後舌」なので、まずそこで摩擦音(気流の音)
を出します。
 ※ 「軟口蓋と後舌」:g, k、か、く、け、こと同じ位置

3)その後、母音 en を出せる位置まで舌を素早くもどし、声を出します。

まとめ

en と日本語の えん がどう違うか、そして、hen の発音の子音と母音はどういう操作でつなげるか、について解説しました。
いつでも質問お待ちしています♪


関連記事

講師ボイスサンプル

発音学習必読記事

  1. 発音練習と子供の手習いに共通するトレーニング戦略とは
  2. あなたが目指す中国語はどれ?動画リストで音読の流儀を聞き分けてみよう
  3. 有気音を基準にキャラによる発音・発声の違いを観察してみた
  4. なぜ発音が大事なのか〈これから中国語を始めるあなたに伝えたいこと その…

人気の中国語学習記事

  1. 発音している口の中が分かる本! 『りんず式中国語発音矯正』とは
  2. 〔動画付き〕結構あなどれない発音 “ i ” と “ ü ”の共通点と…
  3. 中国語の勉強に音読をおすすめする理由 その1
  4. 蚊なのか蛾なのか:無気音と濁音のはなし

Twitter