1. 仕事とキャリア

中国語教員免許のとりかた

概要

  • 中国語講師になる方法→いろいろ
  • 中国語講師として必要な資格→学校教員のみ教員資格が必要
  • 中国語教員免許の取得方法――現役教員→放送大学

    ――ペーパー教員→佛教大学

    ――これから教職を取得する→やっぱり佛教大学

中国語講師に必要な資格

日本で中国語を学ぶには、語学学校で学ぶ、会社の研修で学ぶ、高校で学ぶ、大学で学ぶ、eラーニングで学ぶ、先生を見つけてマンツーマンで学ぶ、参考書を買ったりNHK講座を見たりして独学、といった方法があります。

独学以外の方法には必ず先生がいるわけですが、私はそのうち語学学校、会社の研修、マンツーマン、オンラインで講師をしたことがあります。そのとき私が中国語教師を名乗るためには、実はなんの資格もいりませんでした。履歴書を送り、面接や研修を経て採用して頂きます。中国語検定やHSKの級、現地滞在経験、発音や会話力、授業運営の適性などを見て判断されるようです。中国語を人に教える、という仕事をするためには、何の資格も必要ないのです。

中国語教師になるために公的資格が必要なのは、中学・高校の教員だけです。ここでは、中高の中国語教員になるための資格についてご紹介します。

中学校・高等学校の中国語教員免許取得方法

まず、学校教員になるには国が定める教員免許が必要です。基本的には、大学で所定の科目を履修し、所定の教育実習や介護体験なども履修し、都道府県の教育委員会に免許を申請します。

でも、大学生のときに教職過程を履修しなかった人や、教職は取ったけれども中国語ではない科目の免許だったという人もいらっしゃいますよね。私は後者でした。地理歴史の免許は持っていましたが、私が在学していた当時の母校では中国語の教員免許を取れるようになっていなかったのです。中国文学科の学生ですら、教職を取る人は国語の免許を取って卒業していきました。

でも最近は中国語の授業を開設している高校も増え(2007年時点で全国500校超)、中国語教員の需要も上がっています。そんななかで私も高校中国語教員の免許を取りたいと思いました。

現役の教員

まず、現在教員としてお勤めで、教育職員検定を受けている方は、放送大学で「上位・他教科・隣接校種の免許状」を取得することができます。

リンク → 放送大学

ペーパー教員

 

これから教職を取得する人

さて、まだ教員免許を持っていない、という方。

教員免許は持っているけれど、私は国語だ、とか、私は地理歴史だ、という方。

だいじょうぶ。社会人でも教員免許を取得する方法はあります。

全国の多くの大学が教職や各種資格を取得できる通信課程を設けています。

こちらのサイトに一覧がまとめられていますので参考にしましょう。

リンク → 通信教育で教師を目指す!

さて、では中国語の教員免許を通信で取得できる大学は、というと、現時点では

佛教大学ただ一校のみとなっています。

リンク → 佛教大学通信教育課程――取得可能な免許・資格

佛教大学 通信過程 受講のながれ

佛教大学の中国文学科は歴史が長く、また私のように大学卒業後にここで中国語の単位を履修したという人が多く、信頼できる学校です。

毎年3月4月、9月10月に入学のチャンスがあります。大学在学中に他科目の教員免許を取得してある場合は1年、教員免許自体を取得していない場合は2年かけて必要科目を履修します。

入学条件や履修の詳細については佛教大学や、お住まいの都道府県教育委員会のホームページをご参照下さい。

教科の履修方法は、「テキスト履修」と「スクーリング」の組み合わせです。

テキスト履修は、定められた教科書を自習し、各科目1本か2本のリポートを提出し、試験を受けます。東京近郊に在住の方なら、巣鴨の大正大学が試験会場になります。スクーリングは、私の場合は3科目必要だったのですが、京都の佛教大学に行って5日間受講し、それぞれリポートを提出します。

私の場合4月に願書を出して入学が認められ、6月から11月までの間に5科目9本のリポート提出および試験、8月にスクーリング、そして全て合格したら翌年3月末に単位が認定され、都道府県教育委員会に教員免許を申請、という流れになります。

教職免許をまったく1から取得する人の場合ですと、2年目に教育実習や介護体験をするために1年目のうちから実習の受け入れ先を探しておくようです。

通信課程在学生やOBが運営している学友会という互助組織があって、入学してすぐ関東ブロックのオリエンテーションがあり、履修に関する色々な事をアドバイスして頂きました。参加者も社会人でありながら教員免許を取ろうという人がほとんどで、大いに刺激を受けました。

学友会も、通信課程の事務局も、なにか質問があればいつでも受け付けますというオープンな姿勢があって、心強く感じました。

スクーリングで京都の町に滞在し、学生気分を味わえたのも楽しい思い出です。

以上、通信教育で中学・高校教員免許を取得する方法についてご紹介しました。


    

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。