1. 翻訳家めざして

読書メモ:「翻訳通じて小説を学んだ」

村上春樹、35年間を回顧 「翻訳通じて小説を学んだ」
(NIKKEI STYLE、エンタな話題、2017/4/27)

「原文のトーンを崩さない形で読みやすい日本語にすることを心がけてきた。自分の文体を意識する余裕はない」

「翻訳は究極の熟読であって、一行一行テキストを追うのは作家として貴重な経験だった。翻訳を通じて(トルーマン・)カポ-ティや(ジョン・)アーヴィング、(レイモンド・)カーヴァーらから小説の書き方を学んだ。それは文体というより、世界を切り取る彼らの視点だったと思う」

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。