日本人発音講師による中国語発音矯正専門教室

 

 

りんず中国語ラボのレッスンは「中上級者のための日本人講師による中国語発音矯正レッスン」です。安定した発音が定着し、身につけた発音が退行しないトレーニング方法をお伝えします。中国語の発音を矯正したい方、キレイな発音に憧れている方はりんず中国語ラボへ。

  1. 中国語の発音のはなし

第3声の声調符号を封印したい!

発音でさまよっているあなたのための「りんず中国語ラボ」発音講師として、抹殺したい記号、それが第3声を表す「 v 」です!

「あなたのお名前、中国語で発音します」

「あなたのお名前、中国語で発音します」っていう出し物、というかサービスをすることがあるんです。
たまにちょっとしたイベントがあると、あらかじめ作ってあるカードと専用のペン、そしてスマホアプリと新華字典をもってスタンバイします。

お名前を漢字で書いていただいたら、ピンインとカタカナで発音を書いて、発音して差し上げます。
発音を録音してもらってもいいし、一緒に練習してもらってもいいし。

まったく中国語に縁がなかった、という人は、自分の名前が中国語読みではこんなふうに!っていう驚きもあり、喜んでいただけます。

うちの子供二人もそうなのですが、正式なお名前がひらがなで、漢字はないという方もいらっしゃいます。
そんな時には、ひらがな名の音を生かすか意味を生かすかを相談して、漢字名を一緒に考えたりします。

なかなか楽しい時間になるんですよ。

最後の最後で声調符号がジャマしてくる!

私の発音を聞いて、それを真似て発音してみて、気に入った! となったかたは、自分一人でも再現しようとして、お一人で発音を始めます。

すると、カタカナで書いた表記を見るだけでは、音の上がり下がりがわからないのですよね。

じゃあ、と上がり下がりのヒントを求めてピンインのほうに目をやります。するとそこには「 / 」とか「 \ 」とか、ヒントになりそうな記号がついてる。

で、それを頼りに読むと、あああっ、そこにはラスボス「 v 」が!!
そそ、それは、文中では半3声に読んでほしいやつで、あの、その、、、

「 じ↓ いん↑ 」(井田の井「jǐng」)

あー、さっきまで耳で聞いた音を真似してただけのときはよかったのに!
声調符号のせいで半3声じゃなくなっちゃったー(泣)

そういうときは声調符号をつけるのをやめちゃう

そんなことを繰り返して、わたしは決心したのです。

「第3声の符号は抹殺してしまえ」と。

もうね、「 v 」はやめて「 L 」にします。
そしたら、井田の井も「 じ↓ いん→」って読んでくれると思う!

相手の方が、これまで中国語をやってなくて、おそらくこれからも中国語を学ばなそうなとき、そういうとき限定ですけど。

ピンインを書くときのクセでうっかり「 v 」を書かないように、上がり下がりのトーンを描くにはペンも変えて……、と、なぜか中国語を教える仕事「じゃない」のに楽しくイメトレしちゃいます。
大きくいったらこれも中国語を普及する仕事だから、ワクワクするのかもです。

関連記事

講師ボイスサンプル

発音学習必読記事

  1. 発音とプロソディと音楽と
  2. その発音は悪いのではなくて間違っているだけなのです
  3. どれくらいの期間で発音が安定するか。そのために何をするべきか。
  4. 日本人は英語の発音も下手、中国語の発音ができないのも当然、という誤解

人気の中国語学習記事

  1. 〔動画付き〕結構あなどれない発音 “ i ” と “ ü ”の共通点と…
  2. 「zh, ch, sh」が発音できるのに「 r 」だけ苦手な人に知って…
  3. それでも挑戦したい上級者に贈る「無気音を濁音にしない方法」
  4. 中国語の“xi”と同じなのは「サ行」ではなく「シャ行」の「シ」

Twitter